調剤機器のご紹介

よしたけ調剤薬局グループでは、患者様に安心して薬を服用していただくために、また薬剤師が誤りなく迅速に調剤をするために、最新の技術の調剤機器を積極的に導入しています。

薬袋自動発行機

薬の大きさや数量に応じてパソコンが自動で判別して大中小の薬の袋を印刷します。 もちろん手動でサイズを選択する事も出来ます。

調剤システム(レセコン)

株式会社EMシステムズのReceptyNextを採用。処方せん入力、在庫管理、レセプトオンライン請求、店舗間在庫確認システム、各種書類の印刷など多様な機能が搭載されています。

電子薬歴

全店で電子薬歴導入。紙薬歴に比べて、素早く正確に記録・閲覧することが可能で、さらに省スペースで運用する事が出来ます。患者様毎の副作用チェックや、併用薬のチェックなどを行う事が可能です。

ミスゼロ子

処方せんデータと連動し、専用の端末で薬品毎のバーコードを読み取り、薬の取り誤りを防止します。 調剤過誤は起こしてはいけませんが、少なからず起こりえる事です。 患者様に安全に薬を服用してもらうために導入しております。

二次元バーコード読み取り機

処方せんに付記された二次元バーコードを読み取ることで、処方内容を自動で入力する事が出来ます

お薬手帳シール専用プリンター

お薬手帳に合わせたサイズで印刷をし、機械が自動的にカットしてくれます。患者様が自宅でも簡単に貼る事が出来るように、シールタイプを導入しております。

PTP包装除包機

一包化や半錠のための除包作業を素早く行えます。薬剤師の作業負担の軽減だけでなく、患者様の待ち時間短縮にもつながります。

散剤・錠剤分包機

一包化作業や粉薬の調剤に用いています。患者様の氏名や用法、薬品名、病院名や日付などの情報を印字する事も出来ます。

自動錠剤供給装置付き散剤・錠剤分包機

レセコンの入力データと連動して、自動で一包化作業や粉薬の調剤を行うことが出来ます。

調剤薬写真記録システム

専用のパソコンに監査した薬の写真を撮影して保存しております。調剤日毎に保存されており、後からでも目で見て確認する事が出来ます。患者様からの問い合わせに正確な確認が出来るだけでなく、薬剤師の心理的な負担も軽減する事が出来ます。市販の機器を接続し、業務に活用しています。